ロービーガン抹茶カシューケーキ

オリジナルレシピの紹介

My Holistic Recipe

ロービーガン抹茶カシューケーキ

難易度
3.1/5
ビーガンの間で定番となってきているカシューケーキ。 酸味があるのでビーガンチーズケーキとも呼ばれています。(乳製品は不使用です) 熱を加えない(Raw=ロー)調理法でとても簡単に作れます。 今回は基本のレシピを応用して抹茶バージョンにしてみました。 抹茶の部分をカカオパウダーに変えたらチョコレート味のケーキができます。

材料

  • 18cmの丸ケーキ型、又はマフィン型1012個分

    ベース生地

    • アーモンドミール70g
    • ココナッツフレーク70g
    • デーツ(種を抜いた状態)約120g(約6個分)
    • ひとつまみ

    フィリング

    • カシューナッツ200g
    • レモン汁50ml
    • ココナッツオイル150ml
    • ココナッツミルク150ml
    • アガベシロップ(又はココナッツネクター、メープルシロップ)100150ml
    • ヴァニラビーンズパウダー(又はエクストラクト)小さじ1
    • 抹茶パウダー大さじ1

下準備

  • カシューナッツを冷蔵庫で一晩、又は常温で最低二時間浸水させふやかしておく
  • ココナッツオイルを湯煎などで液状にしておく
  • マフィン型を使う場合は短冊状に切ったベーキングシートを両端が型からはみ出るように敷いておくと取り出しやすい

作り方

  1. 浸水させておいたカシューナッツをよくすすぎ水を切る
  2. ベース生地の材料を全てフードプロセッサーに入れてよく撹拌させる
  3. 型に移しい入れて指でよく押し固める。冷蔵庫に入れて少し固めておく
  4. フードプロセッサーに今度はフィリングの材料を全て入れてなめらかな状態になるまでよく撹拌する
  5. 固めておいたベース生地の上に流し入れる
  6. カバーをして冷凍庫で46時間固める
  7. 食べる1520分前に冷凍庫から出しておいてセミフローズンの状態で召し上がれ

(写真の黒いシロップはモラセスですが黒糖シロップなどでも美味しいと思います)

カリフラワーフライドライス

総合評価
5/5

ライスとついていますがカリフラワーをご飯の代わりに使ったパレオダイエットをしている人達に人気のレシピです。

カリフラワーチキンパイ

総合評価
5/5

デイリーフリー、グレインフリーのパイ生地とカリフラワーソースは色々なレシピに使えます。 パイ生地はお菓子にも使えますし、カリフラワーソースはホワイトソースの代用になります。 具材の野菜もお好みの野菜を使って色々試してみてくださいね。

バターチキンカレー

総合評価
5/5

グルテンフリー、デイリーフリーのバターチキンカレーのレシピです。写真は玄米(バスマティライス)と盛り付けしていますが、カリフラワーライスともよく合います。

ナッツバナナカカオアイス
(2-3人分)

総合評価
5/5

乳製品フリー、グルテンフリーのアイスはこんなに簡単に作れる! 材料の組み合わせ方でいろいろな味の変化が楽しめるので自分好みの味が作れます。 ナッツの部分をベリー類に変えても美味しいです。

パレオキャロットケーキ
(2-3人分)

総合評価
5/5

昔ながらのキャッロトケーキのパレオバージョンです。

シードクラッカー

総合評価
5/5

栄養豊富な3種類のシードを使ったクラッカーです。 フラックスシードがつなぎになるので卵も油も使わないヘルシーなクラッカーができます。 好みのスパイスやドライハーブを混ぜてオリジナルのものを作ってみてくださいね。